GARMIN EDGE830日本発売前徹底解説

先日GARMIN EDGE530の日本発表前の解説記事を書きましたが、続いてはEDGE830です。GARMINのミドルグレードとしてバランスいいポジションの機種になっている800シリーズだけあって新機種への期待も高まります。

少し寂しかったので、今回からいらすとやさんのイラストも入れていきます。

GARMIN EDGE530の日本発表前の記事はこちらから

GARMIN EDGE830の注目進化点はここだ!

GARMIN EDGE530と同じものもありますが、もう一度おさらいしておきます。

バッテリー持続時間が20時間に大幅アップ

EDGE820Jでも不満だったバッテリーが強化されています。EDGE820Jを使っていた時に何度も充電切れを経験して200kmオーバーのライドの時にはモバイルバッテリーを持っていくのが習慣になっていました。20時間あればアベレージ10kmでも200km走れますのでナイトライドでバックライト全開とかにしない限り充電切れの心配はないでしょう。

プロセッサーの高速化

物理ボタンのEDGE530と違いタッチパネルでの操作を中心とするEDGE800シリーズでは少しの処理遅れ・画面表示遅れがとてもストレスに感じます。

これは、身近にあるタッチパネルを中心に操作する機器と無意識に比較してしまうということが要因です。EDGE820Jを使っていた時も実際にはEDGE520Jと比較して高速に動いているにも関わらず、体感的にはEDGE820Jの方が遅く感じました。そのためプロセッサーの高速化は待望のアップデートです。

液晶サイズの拡大

EDGE820Jの不満点は液晶サイズでした。以前EDGE820Jのレビューをした際は、そのせいで520Jの方がオススメと書いたぐらいです。

なぜ液晶サイズが不満だったかというと、かなり注視しないと操作できないのです。自転車で30km/h以上で走行している時に1秒画面を見ることは8m以上の距離画面を見なければいけないということです。

今回少し大きくなったことで、それが改善されていればいいですが、この程度のサイズアップで解消されていることは期待が薄いですが画面構成の改善などでましになっていると嬉しいです。下記はその時に書いた記事です。

その他の進化ポイント

本サイトで注目しているのは上記3点ですが、他にもアップデートされている機能はたくさんあります。
Bluetoothセンサー対応(Ant+より安定すると思えないので使わないのでは?)、地図機能のパワーアップ(日本語ではどうなるか不明)、ヒルクラムの機能強化(こういう機能は最初しか使わないユーザーが多いのでは?)、水分やエネルギーの補給タイミングを教えてくれる(初心者以外はサイコンに言われなくてもわかるでしょ)、盗難防止機能(そもそもGARMIN付けっ放しで自転車を離れてはいけません)、GARMINを探す(うっかり落としたり、無くしたりするタイプのデバイスではないでしょう)と色々な新機能が追加されていますが、心から欲しいと思える機能ではありません。

EDGE820Jユーザーは買い替えるべき?

では現在GARMIN EDGE820を使っているユーザーはEDGE830が日本で発売されたら買い換えるべきなのかという判断ですが、当サイトでは「EDGE820ユーザーはEDGE530に買い換えるのが幸せ」という結論にさせていただきます。

もちろんEDGE530に搭載されるはずの地図の精度にもよるでしょうが、恐らくEDGE820と同等以上の地図は載せてくることが想定されます。
そうなるとEDGE830とEDGE530の性能差はタッチパネルなのか物理ボタンなのかの違いだけ。1個操作するために8m以上もの距離でGARMINを見なければいけないタッチパネルはサイクルコンピューターに向いているとは言えません。

実際にEDGE820JとEDGE520Jを両方とも使っていたからこその意見です。