Bryton Rider410ファーストレビュー

そう!前回のブログでサイコンを買うと宣言しましたが一つ目のサイコンがタイトルにもあるようにBrytonのRider410です。
早速届いて、夜に少しライドして来たのでレビューです。

マニュアルも何も見ずにとりあえず走り出す

突然夜に友だちに誘われて夜練に行くことになったので急遽セッティング。

仕事が終わって、約束の時間に間に合うためには我が家での滞在時間は20分。

あらかじめ買ってあったパワーメーターを嫁の自転車からひっぺがし、自分の自転車に装着。
ペダルも嫁はLOOK KEOで私はSPD-SL。クランクとペダルを交換してジャージに着替えて水を入れて、、、。
サイコンはくっ付けただけです。

どのボタンが何の機能なのかもわからず、とりあえず出発です。

難しい操作は一切なし。でも動いているか止まっているかが判断できない。

家の前の道を走りながらサイコンのセッティングです。
夜なので、暗くてどのボタンが何なのかがわかりません。

ゴソゴソ操作していると、どうやら左側に配置されたボタンは上下ボタン。
右上のボタンは決定、右下はキャンセルっぽい。

そんな感じで、とりあえずの操作感は把握。
右下のボタンを何度か押すとメニュー画面に入ることがわかる。

センサーの接続はスムーズだが・・・

まずはGARMINのANT+心拍計を接続

メニュー画面に「センサー」という項目があるので心拍計を繋ぐ。
ちなみに接続したのはGARMINの心拍計

結果としてはスムーズに接続できていたのですが、接続できているのかがわかりにくい。
状態「オン」となっている状態で「次へ」ボタンが表示され、次のページでは「再スキャン」と「オフ」の2択。

状態:「オン」で心拍数が表示されているから、とりあえずいいかなと思って、次のセンサーに。

続いてはパワーメーター「XCADEY X-POWER」を接続

心拍計が接続できたか不安ではありますが、とりあえず次に進みます。
接続したパワーメーターはXCADEYのX-Powerです。

こちらも心拍計と同じように接続できた予感。

ケイデンスセンサーもパワーメーターから

Zwiftなどではケイデンスとパワーは同じ項目から設定できるのですが、Brytonは別々のページから設定します。
しかも「速度/ケイデンス」のセット。

なぜかケイデンスだけではなく「速度/ケイデンス」に接続できました。

メイン画面に戻るとそれぞれの数値が出ているので、とりあえずOK

走行中にあまりにもサイコンに注視すると当然事故ってしまいますので、一旦はこれぐらいで待ち合わせ場所に向かいます。
右上のボタンを押すと大きな再生ボタンのような三角が表示されます。

これが再生を開始している合図なのか、再生を開始しなさいなのかがわかりにくい。
右下のボタンを押すとビデオの一時停止のようなアイコンが表示される。
これも止まっているのか動いているのかわからない。

一時停止中は右上に一時停止マークが点滅しているので、何とか把握。

一番良くないのが停止した後に、前回のログが表示されたまま。

完全に停止状態(すなわちライド終了)でも走行時間が0にリセットされません。
一度電源をOFFにすれば0に戻りますが、本当に正しく終了できたのか不安が残ります。

数々の不安はあったが、帰ってきてログを見るとオールOKだった

マニュアルを読まずに走り出したのが悪いのはわかっていますが、センサーが接続されているのか?記録されているのか?きちんと終了できたのか?全てに不安要素が残っている状態でした。
しかし、帰ってきてログをiPhoneから吸い出して見ると全部うまくいっていました。

何となくで問題なく操作できていたようですが、確信が持てるようなインターフェースだったらよかったなと。
慣れれば全く問題ないことですけどね。

ユーザー登録は一回失敗すると再起不能だった

ライドに行くと決まった時にBrytonのiPhon Appをダウンロードしてユーザー登録をしました。
その際に、電波状態が悪かったのか確認メールが届きません。

その状態に陥ってしまうと確認メールの再送機能も無効状態。Webからの登録も無効状態。
そしてユーザー登録ができていないのでユーザーを削除して再登録も不可能の手詰まりになりました。

日本語の状態では確認メールの再送信ボタンが全く反応しない。

この画面で「確認の再送信」ボタンが全く反応しない。エラー表示もない。

職業柄、この手のエラーは慣れています。さっとデバッグするとフロント側でのエラーが発生している様子。
ブラウザの言語設定を変えて英語にするとエラーが出るものの10分後にリトライしてみろと

ブラウザの言語設定を英語にするとエラーが表示されるようになった。

サーバー側のエラーかなと思い数時間ごとにチャレンジ。一向に状況は変わらず。
諦めて別のメールアドレスを使用したところ、問題なく登録が完了した。

アップロードが異常に遅く感じる

これは、色々なサイコンのレビューを読んでいて感じるのですが、恐らくGarminのアップロードが爆速なのでしょう。
20kmのログをアップロードするのに1分以上かかりました。

アップされたログはGARMIN CONNECTよりも見やすい!

実際にログをご覧いただきましょう。
地図表示は場所を特定されないために縮小していますがデフォルトでは丁度いい縮尺になります。

結局のところStravaに同期してしまうので、あまり関係ないですが。