深夜にポチ!GARMIN EDGE520J

発売日から約1か月。ついに我慢できずにポチッとしてしまいました。
Amazonから購入で、プライム会員なので明日には届く予定です。

なぜJにしたのか?

海外通販で英語版のEDGE520という選択肢もありましたが、日本語版のEDGE520Jにしました。

日本語版はアップデートが遅い

英語版の本家GARMIN製品と比較するとアップデートが遅かったり、最悪の場合アップデートが行われないこともあります。それを承知の上で日本語版のEDGE520Jにしました。

単体であれば価格差は0に近い

日本語版のGARMINはぼったくり価格であることでも有名ですが、EDGE520の単体モデルに限っては、それほど価格差がありません。
CANYONのサイトでEDGE520単体モデルが33,800円+送料2,057円で合計35,857円ですが、Amazonで日本語版EDGE520J単体は本日35,900円と実に43円の差です。

心配なのはサポート

日本代理店のいいよねっとは非常にサポートが悪いことで有名ですが、それでも日本語が通じるというのは安心感があります。海外通販で購入した場合、修理などは原則販売店もしくは本社に直接ということになります。
英語が得意でないので、サポートが多少悪かろうが日本語版の方が安心だと思いました。