SONYの新アクションカムHDR−AS50はロードバイク乗りにとって買いか?

先日、日本でも発表されたSONYの新型アクションカムのHDR−AS50を実は狙っていましてロードバイク乗りにとって買いのビデオカメラなのかを調べてみました。

GoProをあまり使わなかった理由

以前、私はGoProを所有してロードバイクにマウントして使用していました。

こんな感じでハンドルにマウント。撮れている映像は至極つまらないものに

しかし、撮影した映像はというとひたすら前景だけが数時間映し出された非常につまらない動画でした。
もちろん、編集すればそれなりに使えるかもしれませんが、1時間以上回している動画を編集するのは億劫になり、そもそもカメラ自体をマウントして出かけることが少なくなりました。

とにかくハンドルにマウントした映像は面白くないのです。

仲間と数人でライドに行く際にサドルにマウントして後ろを走るメンバーの表情を映した映像は少し面白みのあるものでしたが、それでもどうしても長尺になってしまい、動画のほとんどは使えない映像でした。

映像のブレも動画を見ない原因

GoProをマウントした映像はブレの酷い映像で見るに堪えませんでした。
それもGoProを使わなくなった理由かもしれません。

ではHDR−AS50を購入したらどうなるか?

基本的に以前のGoProのようにハンドルにマウントして使用することは無いでしょう。
ヒルクライムのタイムトライアルをしている時には後で解析するための映像として記録することはあるかもしれませんが、基本的に自転車旅にフロントマウントの映像は価値がありません。

ヘルメットマウントでの撮影映像は面白そうなのでトライしてみたいところです。